読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏

チラシの裏です。

出るか、アンケートPHP

明日はプログラムを書こう。

 

投票時に点数でるのけせるやつと結果画面でお題が外にでるやつ組んで、

そのあと何をしようとしていたか忘れた。なんだっけ。

お気に入り関係だった気が。

 

ああそうだ。

お気に入りのデータ取得でテーブルから情報もってくるのにUsing join bufferが出てたんだ。これ解決するインデックスとクエリー考えるよりテーブル変えた方がはやくね?というところで止まっているはず。

 

+―+―+―+―+―+―+

 

そんなことより無駄回し対策がどうもピンとこない。

というか、そもそも対策しなきゃならんの?とどうしても思ってしまう。

 

だってお題出した人はそのお題でボケてもらうのが楽しいんじゃないの?

 

そもそも論だけどさ、大喜利って「ボケる」という行為が楽しい。っていうか裏返すと、自分のボケがウケるのが楽しいんだと思うんだよ、エンジョイ勢の俺からすると。

だからエンジョイ勢の俺は「評価や採点」とか「過去の結果」とかあんまどーでもいい。ってか楽しくない。

もっと言えばウケなかった回の結果もどーでもいい。俺がウケるのが楽しいのよ。エンジョイ勢の俺は。

大喜利ガチ勢はしらんよ。廃課金重課金勢はしらん。無課金ユーザのエンジョイライト勢の俺はそう、って話ね。

 

んで、ウケた回にドヤ顔でお題を「だしてやる」の。ほら、ボケてみたまえ的なテンション。

おうおう、前回俺様よりウケてなかった下々の者どもがボケてやがるな!HAHAHA!ってなもんでお題を出す。

 

だから人が少なくなってきて、そろそろお開きかな~的なのでお題出すのとかちょっと躊躇しちゃうし、だーれもいなそうなのにお題だしていわゆる無駄回しになるのも意味が理解できない。

ただ昨今の現赤い部屋やタイプゼロみてると、そうでもなさそうね。

おっさんにはわからん、若い子らの価値観があるのかもなぁ。

 

+―+―+―+―+―+―+

 

まぁ意図的な無駄回し勢もいるけど、大半は「だしてみたけど人いねぇw」って事なんだろう。

 

ただここに何かしらのシステムをいれると、それが反作用する恐れもあるなーと思ってる。

たとえば「今いる?システム」みたいなんいれるとしよう。

 

・やりたい人がお題を登録して「今いる?」ボタン押す。ツイートもされる。

・わらわら人が集まって、「いるよ!」ボタンを押す。

・5人とか集まったら出題される。

・5分まっても集まらなかったらその状態は解除

 

的な。

やるならもっと精査は必要だよ。前回n人以下がx回続いた、もしくはn時間停止していた的な閾値を考えなきゃならん。

それらは必要だけど、とりあえずの概念での話ね。

 

この「今いる?システム」を搭載すると「だしてみたけど人いねぇw」は無くなるんだと思う。

結果無駄回しもなくなる。おお、いいことづくめじゃねーかと思う。

 

でも、ゲームスタートってもっと心理的にはふわっとしてていいと思うんだ。なんていうかそれが大喜利PHPの良さな気もするんだよね。

電車の待ち時間にヒマで大喜利PHP見て、あれとまってんな、いっちょだしてみっか!的なノリで。原点回帰がテーマのタイプゼロはその路線で行きたい気はするの。

いままでなかったターン「今いる?」「いるよ!」が増える事で、ゲームをスタートする心理的ハードルがあがる気がするんだよなぁ。

 

ああ、でも「出しても人いるかわからんからやめとこ」は防げるのかな。

「原点回帰の良さはある。が、熱があった時代だから不便利ささえ凌駕した可能性」っていうブログをみて目からウロコだったんだよなー。全くその通りだよね。

 

むずかしいな。ゲームデザイン。1つ1つの動作や機能にすべてメリットデメリットがある。

 

大喜利PHPの誕生から成長期には想定もしてなかった問題点だけに、古参と新参で意見もわかれそう。

ううむ、アンケートPHPとってみるかな。ここ、けっこうクリティカルな感じだよね。

 

ちょっと考えてみます。